Columns list アスボのコラム一覧

膣カンジダ症

膣カンジダ症は、真菌(カビ)のひとつであるカンジダによって起こる膣の感染症。
女性性器の感染症では、しばしばみられて珍しい病気ではありません。膣炎と外陰部の炎症は合併することが
多く、“外陰膣カンジダ症”ともよばれます。
デリケートな場所の病気なので、気後れして病院へ行くのをためらう人もいますが、
自然治癒などは考えず、すぐに婦人科・産婦人科へ行くようにしましょう。

膣カンジダ症

  • 妊娠中は特に気をつけましょう!

    カンジダはもともと直腸、口腔内、皮膚に常在している菌で、妊娠していない女性の約15%、
    妊娠中の女性の約30%が、膣内にカンジダを持っているとされています。
    持っているだけではこの病気には当てはまらず、カンジダ菌が増えることにより膣カンジダ症を
    発症します。

    カンジダ菌が増える原因は、ステロイド剤や抗菌薬の服用、糖尿病など、抵抗力の低下。
    特に妊婦は、体の変化と体力の低下など、病気になりやすい状態ですので気をつけなければなりません。

    また、ほとんどが自然発生的で性交渉の経験がない女性にも起こりますが、感染症でもあるため、
    パートナーからうつる場合やうつす場合もあります。

  • 膣カンジダ症の症状と治療法

    膣カンジダ症の主な症状は以下のとおりです。

    <症状>
    1.膣と外陰部のかゆみ、ときに痛み、ヒリヒリ感、性交痛がみられる
    2.外陰部に、軽い発疹やむくみ、おりものが付着
    3.おりものの量が増加 ※膣に、ヨーグルト状、酒粕状、粥状といわれる特徴的なおりものがみられる

    診断は、医師との問診、外陰部の所見、膣鏡による検診、おりものの分泌物の検査、
    膣内のpH(水素イオン濃度)測定によるものです。

    治療薬には、膣錠、膣座薬、クリーム、軟膏、飲み薬があり、抗真菌膣座薬か膣錠に、
    局所湿布剤(クリーム、軟膏)を併用します。1週間程度でよくなることが多いですが、効果が
    充分でないときは追加治療をします。通常、1~2週間で90%前後の人たちは治ります。妊娠中の女性は
    産道感染を防ぐために、診断をされたら速やかに治療を始めるようにします。

  • 膣カンジダ症とのつきあい方

    膣カンジダ症と診断されたら、まず日常生活では局所を清潔に保つようにします。
    通気性のある下着を着け、刺激のある石鹸は避けましょう。

    症状が改善されるまでは、性交渉も避けてください。性交渉が原因の人は、パートナーに
    病院へ行ってもらい、検査を受けることをすすめてください。治療を受けて、かゆみがなくなり、
    おりものの量が異常でなくなったときに、治ったとされますが、カンジダが消失した場合と、
    カンジダが少し残っている場合があります。

    また、免疫力の低下やホルモンバランスの変化によって再発することがあり、
    その場合は市販の検査キットや市販薬を用いて簡単に治療することもできます。
    しかし、症状が似ているほかの病気だったということもあるので、その場合は、
    早めに専門医の診察を受けるようにしましよう。