Columns list アスボのコラム一覧

そのにおい、食物繊維不足かも?

脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラルと並び、第6の栄養素と言われている「食物繊維」。
2015年版日本人の食事摂取基準による1日の食物繊維摂取目標量は、成人男性20g、成人女性18gと
なっている。しかし、実際の摂取量は男女ともにすべての年代で目標に遠く及ばないのが実情だ。

そのにおい、食物繊維不足かも?

  • 西洋の食文化があたえる影響とは

    食物繊維を多く含む食品は、野菜、海藻、きのこ、穀類や甲殻類などだが、現代人の食生活は肉食主体で
    きのこや海藻はおろか、野菜ですら満足にとれていない。これは日本人の食生活が西洋化して、穀類や
    海草とともに固い食物が敬遠される傾向にあるためだ。

    1950年代までの日本の食卓は、いもや根菜の煮物、ひじきや昆布の佃煮、わかめの味噌汁、海苔など
    食物繊維豊富な和食のおかずが定番だった。どれも現代のダイニングテーブルでは見ることのない
    料理ばかりである。これでは食物繊維が不足するのも当然だろう。

  • 2種類の食物繊維の特徴

    それでは食物繊維が不足すると健康にどのような影響があるのか? 食物繊維には不溶性食物繊維と
    水溶性食物繊維とがあり、見た目からして大いに違う。不溶性食物繊維はその多くが植物や海藻の
    細胞壁や繊維質で、顕微鏡で見てみるといくつもの穴があいているのがわかる。

    たくさんの穴があることで、表面積が大きくなり水分や有害物質などをたくさん吸着することができる。
    また、腸壁を刺激して腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にして便通を促進する。現代人に便秘が
    多い原因のひとつは不溶性食物繊維の不足によるものだ。

    一方、水溶性食物繊維は容易に水に溶ける多糖類で、昆布のぬるぬる成分であるフコイダンやきのこの
    βグルカン、寒天の原料となるアガロースやこんにゃくいもに含まれるグルコマンナンなどがある。

    水溶性食物繊維は腸の中をゆっくりと進み、食事由来の糖質やコレステロールなどの脂質を
    包み込んで吸収しにくくする。水溶性食物繊維は糖尿病や肥満、脂質異常症の予防に大切な役割を
    果たしているのだ。

    そして不溶性、水溶性ともに最も大切な役割は腸内細菌のエサとなり、腸内環境を良好に
    保つことである。ヒトの大腸内には、乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌(善玉菌)と大腸菌、
    ウェルシュ菌などの有害菌(悪玉菌)がおり、善玉菌の数が減ると悪玉菌が多くなり腸内環境は
    悪化する。

    腸内環境の悪化はアレルギーや肥満、大腸がんとの関連が指摘されているだけでなく、
    おならや便が臭くなる、肌荒れや体臭がきつくなるなど美容に関するトラブルの原因にもなる。
    日本人の場合、和食をあまり食べない若者世代は特に腸内環境が乱れがちだ。

    身だしなみと同様、十分に食物繊維を摂ることにも気を配りたい。

  • ◆ライター◆

    朝倉哲也

    日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー。
    「名医がすすめる最良のサプリメント10種」エクスナレッジのほか、同文書院「サプリメント・健康食品の効き目と安全性」、「サプリメント・健康食品の効き目事典」などを執筆。
    小学館「サプリメント健康バイブル2008」制作スタッフ。
    雑誌、Webコンテンツなどでも活躍するサプリメント・健康食品のスペシャリスト。
    ブログ:アンチエイジングのトビラ
    著書:名医がすすめる最良のサプリメント10種

    <参考>
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00055211-nkcareism-life
    http://www.otsuka.co.jp/health_illness/fiber/