Columns list アスボのコラム一覧

脂質異常症

テレビや雑誌などで、「コレステロール」や「中性脂肪」という言葉をみかけたことはあるかもしれません。
これらが関係する疾病が脂質異常症です。
しかし、なんとなく名前は知っていても、正確に理解している人は驚くほど少ないです。
まずは正確な疾病理解からはじめましょう。

脂質異常症

  • 脂質異常症とは

    脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪:代表的なものはトリグリセリド)が、
    多過ぎる病気のことです。
    脂肪はそのまま血液中に運ばれるわけではありません。中性脂肪として変化し、
    リポ蛋白に付着して運ばれます。

    リポ淡白には種類があり、血管壁に取り込まれて動脈硬化の原因となるLDリポ淡白(LDL)と
    血管から脂肪をはがすHDリポ淡白(HDL)があります。LDLとHDLは反作用をしあう関係にあり、
    よく悪玉コレステロールと善玉コレステロールと言われます。そして関係する因子から、
    脂質異常症は大きく3タイプにわけることができます。

    LDLコレステロールが高いタイプは、脂肪の摂取過多に加えて、その摂取を抑える食物繊維の摂取が
    少ないことが原因となるケースが多いです。LDLが高いと、動脈の壁にくっついて動脈が厚く
    硬くなります。そして動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の可能性を高めてしまいます。

    HDLコレステロールが低いタイプは、食生活に加え、運動不足や喫煙によって引き起こされる
    ケースが多いです。LDLコレステロールの働きを抑制する役割を十分果たせなくなるために、
    動脈硬化の危険性を高めてしまいます。

    中性脂肪値が特に高いタイプは、甘いものやアルコールの摂り過ぎが原因のケースが多いです。
    中性脂肪はHDLを増やし、LDLを減らす効果があるために、間接的に動脈硬化を促進させます。
    いずれのタイプも、最終的には動脈硬化を招き、それが心筋梗塞や脳梗塞といった大きな病気の
    リスクを高めます。大きな疾病が起きる前に、脂質異常症を改善することが重要です。

  • 脂質異常症を防ぐためには

    脂質異常症対策の基本は食生活になります。
    総カロリーを管理するとともに、食物繊維やコレステロール値を下げる効果があるとされる魚などを
    多くとることが推奨されます。また、禁煙や運動量の増加も効果があるとされます。

    より症状が深刻な人に対しては製薬の開発も進んでいます。LDLコレステロールを下げる薬や、
    トリグリセライド(中性脂肪)を下げる薬があります。
    これらは医師の診断が必要となりますので、必要に応じて主治医に相談をするようにしましょう。

    脂質異常症は一時的に標準値に戻ったとしても、生活習慣が悪化すればいつでも再発します。
    短期的な取り組みはもちろんですが、長期的に健康な状態を維持できるように生活習慣を
    変えていくように心がけましょう。

  • 注目される「トクホ」

    従来の食事療法、運動療法の効果を高める方法として、特定保健用食品の利用が注目されています。
    特定保健用食品は特定の保健の目的が期待できることを表示した食品であり、消費者庁によって
    その効果を認定された商品です。脂質異常症に関連したトクホ食品はたくさんあります。
    これらは、2タイプに大別できます。

    「コレステロールが高めの方に適する」と表示をした食品は、食べてもコレステロールの上昇を
    抑える効果がある食品です。
    「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい」表示をした食品は、
    中性脂肪の吸収を抑える、中性脂肪の燃焼を促進させる効果のある食品です。特定保健用食品の効果を
    最大限引き出すためには、自分の症状にあったものを選ぶことをおすすめします。

    脂質異常症は、より大きな病気が起こる可能性を知らせてくれている体からのサインです。
    心筋梗塞などの重大な病気が発症するまえに早めに対策をとることで元気な生活を
    続けられるようにしましょう。