Special Issue 治験の特集

リウマチ

リウマチとは、自己免疫が関節を侵し、軟骨や骨を破壊してしまう病気です。その結果痛みや腫れを伴い、
最悪の場合、関節が動かなくなってしまいます。また、リウマチは関節だけでなく、全身にもその症状が
表れます。発熱、食欲低下、疲労感などを感じることもあります。

リウマチは高齢者の病気と考えている人が多くいます。60歳以上に発症することもまれではありません。
しかし、実は発症が一番多いのは330〜50歳の女性です。
全国で70万人以上患者がいますが、女性の方が男性より5割程度多いとされています
この理由についてはまだ分かっていません。

リウマチ

  • リウマチの進行ステージ

    リウマチは関節を徐々に侵して行きます。
    まず関節を取り巻く滑膜が炎症を起こします。関節のふくらみと炎症が見られるようになります。
    次に軟骨が浸食されます。これにより骨と骨の間がせばまり、直接接触する回数が増えてきます。
    骨と骨とがふれると激痛が走ります。軟骨が浸食されると、今度は骨の破壊が始まります。
    骨の破壊がある程度進むと、体は骨を再形成しようとします。このときに骨と骨がくっつき、
    関節が固定・硬直してしまうのです。重度のリウマチ患者の関節がふくらみ、
    動かなくなってしまっているのはこのためです。

    最近の研究によって、リウマチ発症から関節破壊が始まるまでに2年程度かかることがわかってきました。
    急激に進行をするだけに、早期発見・早期治療が大切です。破壊された関節を復元することは
    大変むずかしいからです。破壊される前のステージで発見できれば、薬等の治療で進行を遅め、
    関節が使える状態を維持することができます。

  • リウマチの治療法とは

    リウマチの治療は自己免疫の異常が原因なだけに、難しいです。
    自分の関節を破壊しているのは自分なのです。そしてその原因はまだ解明できていません。

    リウマチ治療の基礎は薬物治療とリハビリテーションになります。
    薬物治療は関節の腫れや痛みを抑え、関節破壊の進行を抑制します。炎症を抑えるだけでなく、
    今では自己免疫の働きを抑える薬も開発され、劇的に治療の効果が変化しました。
    これに加えてリハビリテーションも重要です。運動療法を用いて関節の可動範囲を広げ、血流を
    改善させ、筋肉を和らげることがあります。また、患部を温める温熱療法を利用することもあります。

    リウマチの進行が進んでしまった場合、手術も選択肢となります。
    関節の動きを阻害する余分な滑膜を取り除く手術や、機能しなくなった関節を人口関節と
    取り替える手術などが可能です。手術を行った場合にも薬物療法やリハビリテーションを併用します。

  • リウマチを早期発見するためのポイント

    治療法が飛躍的に進歩をしています。しかし、リウマチは発症から2年程度で破壊が
    始まってしまいます。治療の効果を最大限だすためにも、破壊が始まる前の段階での
    早期発見がとても重要です。

    初期に見られる特徴的な症状は朝の手指のこわばりです。朝両手指の関節のこわばりが1時間以上続く
    場合はリウマチを疑いましょう。もう少し病気が進行すると腫れや痛みを伴うようになります。
    また、その他全身の疲労感や食欲不信、体重減を感じるかもしれません。

    これらの初期症状は更年期障害見分けがつきにくいことが発見の遅れる原因の一つとなっています。
    このような症状がある場合は、まずは早めに主治医に相談をし、適切な診断を受けるようにしましょう。
    快適に手足の関節が動かせる生活を出来る限り長く維持できるようにしていきましょう