FAQ よくあるご質問

治験のFAQ

  1. Q1 治験とはなんですか?
    A1

    治験とは「国から薬としての販売承認を受けるため、人に対して行う臨床試験」のことです。“薬の候補”は、動物に対して安全性や有効性を確認した後、人に対して安全性や有効性を確認して国へ承認の申請をします。
    国から薬の販売承認を得る過程で行われる治験は、治療を兼ねて試験を行うことから「治療試験」とも言われています。

    治験についてはこちら

  2. Q2 治験はアルバイトですか?
    A2

    治験はアルバイトではなくボランティアです。治験を“高収入バイト”や“報酬”として表現している一部のWEBサイトもありますが、正式には有償のボランティアとなります。ですので、アルバイト代ではなく、治験の協力費として負担軽減費といった謝礼が支払われるのです。

  3. Q3 治験に参加するための条件はありますか?
    A3

    治験の募集ごとに、健康状態や数値といったものが細かく必要とされる場合や、広く多くの方が対象になる場合があります。原則としては20歳以上の方で、未成年の方は参加いただくことができません。

  4. Q4 治験に参加するメリットは何ですか?
    A4

    治験に参加すると、その病気の専門医による通常の治療よりも詳しい検査や診察が行われ、開発中の最新の治療法をいち早く受けることができます。
    また、特定療養費が治験では適用されるため、参加いただいた方の治療費の自己負担額が少なく、協力費として負担軽減費が参加者に支払われ、経済的負担が少なくなります。

    治験についてはこちら

  5. Q5 治験に参加するデメリットは何ですか?
    A5

    治験に利用される“薬の候補”は、まだ開発中の医薬品です。起こる可能性のある副作用については事前に説明されますが、まだ確認ができていな副作用などが発生する可能性があります。
    また、定期的に病院に通院していただくことになったり、医師の指導から生活習慣などの生活が制限されたりすることがあります。
    ※治療効果がなく、砂糖やデンプンでつくられた薬(プラセボ)を服用する試験もあります。

    治験についてはこちら

  6. Q6 負担軽減費とは何ですか?
    A6

    治験に参加された場合、病院までの交通費や日常生活の制限(お薬の服用や健康日誌・日報等)や時間的拘束などの肉体的負担や経済的負担を減らすために、負担軽減費が支払われます。負担軽減費は参加する治験ごとに異なります。各治験の負担軽減費についてはお問合せください。

  7. Q7 自己負担する費用はありますか?
    A7

    基本的には医療機関までの交通費や保険診療(3割負担)などは自己負担になります。しかし、負担軽減費が支払われますので、経済的負担等は相殺される形になります。
    治療を目的とした治験の場合も医師の診察を受けますので、初診料や再診料などがかかります。ただし、こちらも負担軽減費が支払われますので経済的負担がかかることはありません。

  8. Q8 同時に他の治験に参加することはできますか?
    A8

    治験を同時に複数参加いただくことはできません。これは、効果や検証に正しいデータを取得できなことはもちろん、参加された方のお身体の安全性に関わってきますので、お断りしております。

  9. Q9 連続して治験をうけることはできますか?
    A9

    治験には休薬期間(試験薬を体から排出するための期間)が設けられています。約3ヶ月~6ヶ月ほど期間を空けていただく休薬期間ですが、最終投薬日から次の試験の事前検診日までの期間のことを表します。

  10. Q10 副作用が出た場合はどうしてくれますか?
    A10

    治験によって体の不調が認められた場合は、実施している医療機関へすぐに連絡してください。治験を担当している医師や看護師が適切な処置をいたします。また参加された方に万一健康被害が発生した場合は、開発メーカーが責任をもって補償いたします。

  11. Q11 プライバシーは守られますか?
    A11

    治験で扱われる情報は「薬の輸入・製造のため承認申請」をするための資料となり、厚生労働省に提出されます。治験を行った医療機関から製薬企業などへ報告されますが、個人を特定した情報は一切報告されません。
    治験終了後に製薬企業の担当者や厚生労働省の職員などが個人と特定できる可能性のある情報を閲覧することはありますが、外部に漏らしてはならない「守秘義務」が法律で課せられています。

  12. Q12 治験に参加してから途中で止めることはできますか?
    A12

    治験のお申込みをして治験が始まってからでも途中で自由に止めることができます。事前に担当する医師から詳しい説明を受け、十分理解したうえで「自由意志」で参加を決めるインフォームド・コンセントに徹底しています。参加された方は、医師へ納得がいくまで質問をしたり、いつでも治験を止めたりすることができます。

治験についての疑問は解消されましたか?
aSBo(アスボ)では治験についてのさまざま疑問にお答えしています。
ご不明な点があればお気軽に「お問合せフォーム」よりお問合せください。

お問合せはこちら

その他ののFAQ

  1. Q1 aSBo(アスボ)にはどんな情報がありますか? 
    A1

    aSBo(アスボ)には、治験ボランティアの募集情報のほか、「アスボのコラム」や「治験の特集」、「治験の取材」などの記事を配信しています。
    普段役に立つ健康情報から、難病に指定されている病気や世界の最新の医療情報まで幅広く掲載しています。健康が気になるすべての方に、最適な医療と健康情報をお届けします。

    治験についてはこちら

  2. Q2 aSBo(アスボ)の会員になるにはどうすればいいですか?
    A2

    aSBo(アスボ)は会員登録が無料。新規会員登録ページからメールを送信して、流れにそってWEB上で会員登録を完了することができます。
    また、WEB上で会員登録ができない方は、お電話でもご登録を受けつけています。
    新規会員登録はこちら ※新規会員登録 入口
    お電話での新規会員登録は0120-774-300まで。

  3. Q3 新規会員登録の確認メールがこない場合は、どうすればいいですか?
    A3

    登録したメールアドレスが間違っていたり、エラーになっていたりするかもしれません。再度メールアドレスを確認して、新規登録を行ってください。
    また、メールアドレスが正しい場合は、PCメールの拒否設定をされていないか、迷惑メールに入っていないかなどのご確認をお願いします。

  4. Q4 治験ボランティアに参加するには、どうすればいいですか?
    A4

    まずは会員登録!登録したら参加したい治験を探して「お申込み」をするだけ!とっても簡単です。

    治験についてはこちら